妊娠の検診と歯の検診

妊娠と歯科に関して

虫歯

妊婦と歯科検診の大事な関係

急な歯痛やよほどの理由がないと、年齢を重ねるにつれ縁遠くなる歯科ですが、本当は半年に一度くらい歯医者さんに行って、検診を受けるのが理想と言われています。それに加え、妊娠すると、妊婦健診の中に歯の検診も入ってきます。これは、虫歯や何かで治療が必要となった時、麻酔を使うかどうかが関わってくるのと、歯周病は早産の危険因子の一つになりうるからです。歯周病の人は、そうでない人と比べて、早産のリスクが格段に上がります。妊娠初期のつわりがひどい人は、歯磨きさえまともにできなくなる人もいますが、それは仕方ないことなのでつわりが治まれば、早いうちに歯科検診を受け、お口の中のケアも怠らない様に心掛けましょう。

妊婦さんの歯の治療は

妊娠中の期間の妊婦が歯科治療を行ってはいけないという時期はありませんが、治療を行う場合は安定期に入っている5ヶ月〜8ヶ月の間ですとほとんどの方は何の問題もなく治療をしています。妊娠の初期や後期には基本的には応急処置をします。特に妊娠初期の2ヶ月〜3ヶ月くらいの間は流産もしやすい時期ですので、歯科での緊張や長い時間に渡る治療は避けた方が賢明です。その時には応急 処置をしておいて、安定期に入ってゆっくり治療を行うのが良いです。虫歯や歯肉炎などがあればその安定期に積極的に治療をするのを勧めます。出産後は育児に忙しく歯医者に通院できなくなる場合が多いからです。

歯科の有益な情報

新着情報

↑PAGE TOP